写真:11mパラボラアンテナ

11mパラボラアンテナ

 鹿島宇宙技術センター11mパラボラアンテナは、元々は首都圏の広域地殻変動観測を目的とした「要石計画(KSP:Key Stone Project)」の観測局として整備されました。1993年から同計画は開始され、鹿島の他、小金井(東京)、三浦(神奈川)、館山(千葉)の計4箇所に設置した同形式のアンテナ間の距離をミリメートルの精度で計測しました。2000年夏には三宅島の噴火に伴うマグマの上昇で生じた地殻変動を検出することに成功しました。2001年末に計画は終了しましたが、その後は、高速駆動の特徴を生かしてVLBI技術開発のテストベッドや高精度時刻比較実験に用いられています。

口径:11m
光学系:カセグレン
マウント:Az-El式
駆動範囲:[仰角]5゜~90゜[方位角]-270゜~270゜
駆動速度:[仰角]3.0゜/sec [方位角]3.0゜/sec
竣工:平成6年度