鹿島かしま宇宙うちゅう技術ぎじゅつセンターのシンボルはなんといってもこのおおきなアンテナじゃ。おさらおおきさは直径ちょっけいが34mもあって国内こくない最大級さいだいきゅうおおきさじゃ。学校がっこうの25mプールがすっぽりはいってしまうくらいおおきなアンテナじゃよ。
ここではこのアンテナのはたらきを紹介しょうかいするぞ!

このおおきなおさら雨水あまみずをためるためでも、お天気てんき調しらべるためでもありません!
とてもとおほしからる『電波でんぱ』をキャッチしています!!

この34mアンテナは、それまであった26mアンテナの後継者こうけいしゃとして、1988年(昭和しょうわ63年)にてられました。

これまで鹿島宇宙技術かしまうちゅうぎじゅつセンターには30mや26m、18mといったいろいろなおおきさのアンテナがあり、人工衛星じんこうえいせいとの通信つうしん実験じっけんTVテレビ信号しんごう伝送でんそうする技術ぎじゅつ開発かいはつ成果せいかをあげてきました。

そのなかでもとくに26mアンテナは、おさらがでこぼこしていなくてとてもきれいなカーブで、効率こうりつ電波でんぱあつめることができるアンテナだったので、天体てんたい宇宙うちゅう空間くうかん物質ぶっしつからの自然しぜん電波でんぱ受信じゅしんすることによって天体てんたい宇宙うちゅう性質せいしつちを研究けんきゅうする『電波でんぱ天文学てんもんがく』に使つかわれるようになりました。

そもそも電波でんぱってなあに?

わたしたちがふだんている「ひかり」は電磁波でんじはばれるものの一部いちぶです。電磁波でんじはにはレントゲンなどに使つかう「X線エックスせん」、日焼ひやけの原因げんいんになったり消毒しょうどくなどに使つかわれる「紫外線しがいせん」、わたしたちが普段ふだんにする「可視光線かしこうせん」、リモコンや暖房だんぼうなどにも利用りようされる「赤外線せきがいせん」、そして携帯けいたい電話でんわやテレビなどの情報じょうほうとおくへはこため使つかわれる「電波でんぱ」があります。可視光線かしこうせん以外いがいわたしたちのにはえませんが、すべてひかりおなじ「電磁波でんじは」の仲間なかまです。

電磁波でんじははその名前なまえとおり、なみ性質せいしつっています。でも、X線エックスせん赤外線せきがいせんなどはおな電磁波でんじは仲間なかまなのに、ずいぶん性質せいしつちがいますよね。じつはこうした様々さまざま電磁波でんじはちがっているのは、なみひとぶんながさ「波長はちょう」です(ちなみに、なみやまたかさはひかりつよさに相当そうとうします)。X線エックスせんみじかく、紫外線しがいせん可視光線かしこうせん赤外線せきがいせん電波でんぱじゅんに「波長はちょう」がながくなります。たとえば、わたしたちがふだんにする可視光線かしこうせん波長はちょうは0.00038ミリメートル0.00078ミリメートルぐらい。そして鹿島かしま宇宙うちゅう技術ぎじゅつセンターの34mアンテナがキャッチする「電波でんぱ」は、波長はちょうが1ミリメートルよりなが電磁波でんじはです。

みんなはハワイが日本にほんちかづいているといたことがあるかもしれんが、とおとおほしからとど電波でんぱをキャッチして位置いち時間じかんをはかるVLBIブイエルビーアイという研究けんきゅうによってその事実じじつをつきとめたのは、鹿島かしま宇宙うちゅう技術ぎじゅつセンターの34mアンテナなんじゃよ!

VLBIブイエルビーアイとは、はるか数十億すうじゅうおく光年こうねん彼方かなたから地球ちきゅうとど電波でんぱ利用りようして、数千すうせんkmキロメートルとおはなれた場所ばしょ距離きょりを、わずかすうmmミリメートルのちがいではか測量技術そくりょうぎじゅつです。

VLBI(ブイエルビーアイ)で何がわかるの?

VLBIブイエルビーアイ(Very Long Baseline Interferometry:ちょう長基線ちょうきせん電波でんぱ干渉法かんしょうほう)とは、はるか数十億すうじゅおく光年こうねん彼方かなたにある電波でんぱはっするほしから放射ほうそうされる電波でんぱを、複数ふくすうのアンテナで同時どうじ受信じゅしんし、その到達とうたつ時刻じこくを1000億分おくぶんの1びょうちがいで精密せいみつ計測けいそくする技術ぎじゅつです。この到達とうたつ時間じかんから特殊とくしゅ計算けいさんによって観測かんそく地点ちてん位置いちかります。とても精密せいみつ観測かんそくができるので、数千すうせんkmキロメートルはなれたアンテナの距離きょりをわずかすうmmミリメートルのちがいではかることができます。

鹿島かしま宇宙うちゅう技術ぎじゅつセンターには直径ちょっけい34mのアンテナがあり、このVLBIブイエルビーアイ実験じっけん活用かつようされています。1990ねんには鹿島かしま34mアンテナとハワイ9mアンテナとのあいだVLBIブイエルビーアイ観測かんそくにより、ハワイが一年間いちねんかんに6.3cmうごいて日本にほんちかづいていることがわかりました。このように大陸たいりく移動いどうはかることができるので、巨大きょだい地震じしんこすプレート運動うんどう監視かんしなどに役立やくだっています。

地球ちきゅうは1日に一回転いっかいてんしていて、これを自転じてんといいます。自転じてんはやさ(1日のながさ)や自転じてんじくき(北極ほっきょくき)はつき引力いんりょく地球ちきゅう内部ないぶうごきによって変化へんかします。はるかかなたの天体てんたい基準きじゅん測量そくりょうおこなVLBIブイエルビーアイでは、この地球ちきゅう自転じてん姿勢しせいかんする情報じょうほうることができ、地球ちきゅう一日いちにちながさは、すうミリびょうほどらぎながらだんだんゆっくりまわるようになってきていることがわかりました。この情報じょうほう地球ちきゅう内部ないぶ研究けんきゅう人工衛星じんこうえいせい制御せいぎょ、うるうびょう決定けっていなどにかせません。

これがアンテナの構造だ!

このページのトップへ